低コストを目指す

自分で土地を探して更地から建てた住宅を注文住宅と言います。
注文住宅を建てるときには、注意したいことがいくつかあります。
まず予算が挙げられます。
予算を無理をして立ててしまうと、住宅ローンで生活が苦しくなり、生活の質を落とさなければならなくなります。
「家を建てること」が目的ではなく、あくまで「家で快適に暮らす事」が目的だということを、しっかり認識することが大切です。
業者選びもとても大事です。
主に大手ハウスメーカー、地元の工務店があります。
いくつかの業者とコンタクトを取って、担当者の人柄、信頼度を見極めてみることです。
見積もり依頼をした時に、しっかりと内訳がついた明細書を提示してくれる業者だと信頼度が高いといえます。

注文住宅を建てるまでには、家のイメージを明確にする、資金計画を立てる、見積もりをもらう、業者を決める、という流れがあります。
最初は不動産情報誌をチェックしたり、他の人の家をチェックすることでマイホームのイメージを明確にしていきます。
住宅展示場に足を運ぶのも役立ちます。
資金計画は、本体の工事費用の他に、地盤調査の費用、電気工事の費用、引越費用なども考える必要があります。
そしてインターネットで情報収集して、いくつかの業者を探します。
知り合いに工務店がいれば安くなることもあります。
いずれにしても最初から1社に絞らず、3件くらいから見積もりをもらう事が大事です。
そして最終的に信頼できそうな1社と工事請負契約を結びます。
工事に着工したら近所への挨拶周りも必要です。