エコなオール電化

設計士事務所やハウスメーカー、ハウスビルダー、工務店など住宅を建築する会社はたくさんあります。
たくさんあるということは建築する側には選択肢が豊富にあるので良いようにも感じますが当然品質やサービスは会社により異なります。
その幅が大きく中には建築後不満に感じる会社も少なくありません。
一生に一度経験するかしないかの家づくりですから当然知識がないのが当たり前です。
そんな中でより建築主に寄り添ってくれる建築会社を見つけなければなりません。
料金やサービスをより吟味して会社を選択する必要があります。
特に営業担当者は建築主にとって一番そばで家づくりをサポートしてくれます。
ですから信用できる担当者に担当してもらうことでより良い家が建築できるのです。

会社によって呼び方や行っている業務は異なりますが建築主にとって営業担当者が窓口となり住宅を建築することになります。
担当者が腕のある人であれば価格交渉からより良いアドバイスを行ってくれるのです。
営業担当者が住宅を販売することで会社は利益を得ることができます。
同じ会社の営業マンでも経験やスキルなどにより当然役職が付いていたりランクがあったりします。
より高いクラスの営業マンほど価格の交渉が行いやすかったりその交渉幅が大きくなります。
価格だけでなく契約内容にも差が出てくることもあります。
何より高いクラスの営業マンはその会社の仕様に熟知しています。
ですからより幅の広い提案が出来、融通がきくのです。
自分を担当している営業マンが過去にどれだけ物件を販売したかを聞くなどして経験年数を知ることでそういった参考になります。